同じモデルでも革ベルトより値段が高い

腕時計選びで、ステンレスベルトにするか、それとも革ベルトにするかで悩んでいませんか。ステンレスベルトは幅広い服装に合いますし、革ベルトのように汗や汚れがつきにくいので人気があります。しかし、そんなステンレスベルトにもさまざまなデメリットがあるのです。たとえば、同じモデルで比較した場合、革ベルトの腕時計よりもステンレスベルトの腕時計の方が価格が高い傾向にあります。それは高価な腕時計を扱うメーカーほど顕著です。価格差があまりないメーカーもありますが、高級腕時計を買いたいなら、革ベルトよりも予算を多めに用意しなくてはいけません。またステンレスベルトには、良くも悪くも時計の完成度が表れます。作りが安っぽいと、腕時計全体が貧相に見えてしまう恐れがあります。

重くて傷がつきやすい

革ベルトのサイズ調整はベルトに穴をあければ済みますが、ステンレスベルトはコマでサイズを調整しますから、ベルト調整費用が割高です。さらに、ステンレスバンドは傷が付きやすいのもデメリットです。使っていると気づかないうちに輝きが失われ、細かい傷が目立ってきます。コマとコマの間にも汚れが溜まりやすいです。しかも、ステンレスベルトは重量があります。無垢ブレスなら、かなりの重さです。毎日身につける物なので、腕時計が重いと手が疲れてしまいます。腕時計の買い替え理由の上位にランクインするのが、時計の重さだといわれるほど、重さはとても重要です。 そのうえ、ステンレスは金属アレルギーを引き起こす可能性が高い素材ですから、金属アレルギーの人にとってリスクとなるでしょう。